LOADING...

無痛分娩

麻酔薬を使って陣痛の痛みを軽くして出産する方法で、当院では、硬膜外麻酔による和痛分娩を行っています。「無痛=痛くない」ではなく「和痛=痛みを和らげる」もので、痛みが全くなくなるわけではありません。軽い陣痛は残しておきます。 その理由は、痛みをとりすぎると、陣痛に合わせておなかに力を入れて”いきむ”ことができなくなり、逆に赤ちゃんに負担をかけてしまうことがあるからです。

最近は痛みの少ない「無痛分娩」を選ぶ人が増えています。ご希望の方は事前に医師にご相談ください。

当院の無痛分娩の特長

      
  1. 麻酔科専門医による管理体制

    麻酔科専門医による管理のもと、無痛分娩に関わるスタッフの手技指導をおこなっております。緊急時の対応にも万全の管理体制を整えております。

  2. 痛みを調節し、しっかりと「いきんで」出産できます!

    全身麻酔では無く、下半身だけの局部麻酔ですので、ママの意識ははっきりしています。痛みや努責感を完全に消してしまうと分娩も止まってしまいますので、無痛分娩といっても、まったくの無痛になるわけではなく痛みを調節し、落ち着いてしっかりいきんで出産することができます。

  3. ママへの負担を軽減します!

    ママによっては陣痛の痛みが過度の負担になることがあります。痛みを軽減することで、ママの体と心が楽になります。

  4. 疲れにくく、回復が早いです!

    長い時間を要する出産でも、痛みが少ないため、ママの体力を長時間維持でき、産後の回復も早くなります。

  5. 赤ちゃんへのお薬の影響はほとんどありません!

    全身麻酔とは違い部分麻酔のため、ママの麻酔薬の血中濃度は非常に低く、赤ちゃんへの麻酔薬の影響はほとんどありません。

  6. 費用は分娩料金にプラス5万円です!

    ※計画無痛分娩を希望される場合は、分娩料金にプラス7万円です。
    ※その他、入院日数や分娩時間等によって、加算されることがあります。詳しくは受付へお問い合わせください。