LOADING...

無痛分娩

麻酔薬を使って陣痛の痛みを軽くして出産する方法で、当院では、硬膜外麻酔による和痛分娩を行っています。「無痛=痛くない」ではなく「和痛=痛みを和らげる」もので、痛みが全くなくなるわけではありません。軽い陣痛は残しておきます。 その理由は、痛みをとりすぎると、陣痛に合わせておなかに力を入れて”いきむ”ことができなくなり、逆に赤ちゃんに負担をかけてしまうことがあるからです。

最近は痛みの少ない「無痛分娩」を選ぶ人が増えています。「痛み=愛情。痛みを伴わない出産だと、産まれてくる赤ちゃんへの愛情が薄くなる?」「無痛分娩は費用が高いの?」当院では、みなさんのお悩みを解決します!お気軽にご相談ください。

当院の無痛分娩のメリット

      
  1. 麻酔科専門医による管理体制

    麻酔科専門医による管理のもと、無痛分娩に関わるスタッフの手技指導をおこなっております。緊急時の対応にも万全の管理体制を整えております。

  2. 痛みを調節し、しっかりと「いきんで」出産できます!

    全身麻酔では無く、下半身だけの局部麻酔ですので、ママの意識ははっきりしています。足に力が入らなくなるような強いお薬は使いませんので、落ち着いてしっかりいきんで出産ができます。 ※痛みを完全に消してしまうと陣痛も止まってしまいますので、全くの無痛になるわけではありません。

  3. ママと赤ちゃんへの過度な負担を軽減します!

    ママによっては陣痛の痛みが過度の負担になることがあります。ママの負担は、赤ちゃんの負担につながります。痛みを軽減することで、ママの体と心が楽になり、それが赤ちゃんにも良い影響を与えます。

  4. 疲れにくく、回復が早いです!

    長い時間を要する出産でも、痛みが少ないため、ママの体力を長時間維持でき、産後の回復も早くなります。

  5. 赤ちゃんへのお薬の影響はほとんどありません!

    全身麻酔とは違い部分麻酔のため、ママの麻酔薬の血中濃度が非常に低く、赤ちゃんへの麻酔の影響はほとんどありません。